s__121085957

世界のじゃぽにかヨーロッパツアー凱旋報告会〜超時間ゴキブリが宇宙を救う!!アテネ・カッセル・ミュンスター・ベニス

じゃぽにかは、今や世界を股に挟んで活躍するハイパーアーティスト集団になった。ドクメンタ14、ベニス・ビエンナーレ、ミュンスター彫刻プロジェクト。これらを完全制覇である。10年に一度のワールドーツアーという様相を呈した今回のじゃぽにかは、三億年の時を超えたゴキブリを召喚し、世界を挑発する。ヨーロッパの少年少女は、ゴキブリが好きだ。つまり「ゴキブリ/じゃぽにかはヨーロッパが好き、ヨーロッパもじゃぽにかが好き。」ということなのだ。
(註:本トークでは、じゃぽにか目線でカッセル・ミュンスター・ベニス・アテネの滞在報告を行います。旅の参考になどに是非。お役立ち情報にご期待ください。)

【詳細】
・日時:2017年8月5日(土)19:00〜21:00
・料金:前売り1,500円(d/500円)、当日1,800円(d/500 円)
・場所:COCONANI左←→右
(住所:東京都渋谷区神宮前4-25-3、表参道ヒルズ裏)

【出演者】

2002年、美術予備校で知り合ったアルシン、ダイスケ、サー君、ゴロー、杉様、ともちゃん(有賀慎吾、鈴木大輔、坂上卓男、村山悟郎、杉田陽平、永畑智大)等によって結成。
「悪ふざけやパロディ、そして軽薄なシミュラークルを撒き散らかすアート集団」を自称し、SNSと展示空間を横断する活動をつくりだしている。「炎上アート集団」「悪ノリアート集団」などと評される。
主な活動としては、「第17回 岡本太郎現代芸術賞」(2014年、川崎市岡本太郎美術館)特別賞を授賞した「悪ノリSNS『芸術は炎上だ!』」のほか、主な個展に「じゃぽにかぱみゅぱみゅのじゃぽにかぱみゅぱみゅーじあむ」(2013年、art center ongoing)、「じゃぽにかの誰でもデュシャン☆」(2014年、ギャラリーバルコ)、「じゃぽにか最後の個展「普通のトモダチに戻りたい」」(2015年、art center ongoing)、「じゃぽにか国真理教 〜TAVサティアン 僕たちを追い出さないで〜」(2016年、TAV GALLERY)などがある。
(ウィキペディアより転載)

花房太一
1983年岡山県生まれ、慶応義塾大学総合政策学部卒業、東京大学大学院(文化資源学)修了。牛窓・亜細亜藝術交流祭・総合ディレクター、S−HOUSEミュージアム・アートディレクター。その他、108回の連続展示企画「失敗工房」、ネット番組「hanapusaTV」、飯盛希との批評家ユニット「東京不道徳批評」など、従来の美術批評家の枠にとどまらない多様な活動を展開。個人ウェブサイト:hanapusa.com


▷2017年8月6日(日)OPEN 18:00 STRAT 19:00〜
花房太一×じゃぽにか・宮川ひかる・
石丸元章・ケロッピー前田 presents
「オキュパイ・スクール 2017 ヨーロッパ遠征報告会」
http://ptix.co/2vdWOF6


▷2017年8月8日(火)19:00〜21:00
講師【市原研太郎(いちはら・けんたろう)】
美術評論家。著書=『マイク・ケリー“過剰の反美学と疎外の至高性”』『ゲルハルト・リヒター/光と仮象の絵画』ほか。
・場所:COCONANI(東京都 渋谷区 神宮前4-25-3)
・料金:1,500円(1ドリンク込み)


▷展覧会名:Approach to the Front
・期間:2017年8月19日(土)〜9月12日(火)
※搬入期間:8月15日(火)〜18日(金)
※搬出期間:9月13日(水)〜14日(木)
・場所:COCONANI左←→右
(住所:東京都渋谷区神宮前4-25-3)
・入場料:500円
・参加アーティスト
石野平四郎、折原智江、島本了太、じゃぽにか、
根本祐杜 ※その他、屋外展示で追加予定
企画:花房太一


#花房太一
#東京不道徳批評
#若手美術批評家
#ユニット
#牛窓芸術祭ナイト
#アートオタクな天使のスパルタ鑑賞塾REAL
#じゃぽにか
#オキュパイスクール 2017ヨーロッパ遠征報告会
#市原研太郎
#東京不道徳批評
#若手美術批評家
#批評家#ユニット
#現代#現代アート
#art#トーク#トークショー
#ApproachtotheFront
#space#coconani左右
#表参道#原宿#明治神宮前